かつら、ウイッグについて

ヘアケアとはあまり関係がないかもしれません。

また、育毛についてもまったく関係がないことなのですが、薄毛に対して昔からかつらが用いられてきました。

かつらについては男性よりも女性のほうが古い歴史があるようです。

女性に薄毛はあまり関係のない話のように思われがちです。

それはそれで間違いないのですが、女性にとっては昔から髪の毛のボリュームは大きいほうがいいという風潮がありました。

ですから男性からしたら髪の毛は十分にあるのにさらにかつらをつけることで髪の毛のボリュームアップをしたのです。

かつらというと何か仰々しいイメージがありますが、付け毛といえばイメージもわくでしょうか。

とくに着物の場合は髪の毛にボリュームがあったほうが見栄えが出てきます。

このようなことから古くから髪の毛につけるかつらや付け毛が流行してきたのです。

現在では付け毛とは言わずにウィッグという呼び名が使われます。

若い女性でも普段のファッションとしてウィッグがよく用いられているようです。

一方の男性はどうでしょうか。男性の場合も薄毛に悩む人にとってかつらは救世主的な存在でした。

それは今でも変わりません。どんなに育毛剤が出ても育毛剤は救世主的な存在にはなりません。

それは薄毛が解消されるわけではないからです。

薄毛を解消するということは髪の毛が増えるということを意味していますが、現在の育毛剤はそこまでのことはできません。

ですから必然的にかつらに頼るということになるのですね。