ヘアカラーや白髪染めについて

collarみなさんはヘアカラーをしていますでしょうか。

女性ではヘアカラー率は30歳以降で実に70%に達しているということです。

これはすごい率であると思います。

 

そうして会社で女性を観察してみても、街を歩く女性を見てみてもほとんどの女性が髪を染めていることに気がつきます。

むしろ元々も髪である黒髪の女性を探す方が困難な状況なのです。

多くの場合のヘアカラーはファッションによるものが大きいでしょう。

黒髪ではなにかもっさりとしたイメージを感じたり、重たい感じ暗い感じといったなにかマイナスなイメージがつきまとってしまいます。

実際はそんなことはないのですが、髪を染めたほうが明るく見えるのは間違いないといえるでしょう。

またヘアカラーを白髪染めとして利用している人も多くいます。

これは男性に多いのかもしれませんが、最近では薄毛を気にする人以上に白髪を気にする人が増えている傾向にあるといいます。

白髪染めを含めたヘアカラーが人気となっていますので、白髪を染めるといったことも今では普通になったといえるのです。

白髪が生えるのは加齢のよるものももちろんあるのですが、若い時分の白髪は若白髪と呼ばれ、ストレスなどによるものが大きいといわれています。

また食生活などの生活習慣の乱れも白髪になりやすいといわれています。

これらをまとめるとなにやら白髪も薄毛も似ているように思えますが根本的な部分では似ているといったほうがいいかもしれませんね。