育毛剤の副作用は?

ヘアケアに重要な位置を占める育毛剤についての副作用について説明しましょう。

育毛剤の多くは医薬部外品、または医薬品となっています。

ということはある程度の効果は期待できるということになりますが反面副作用が起こる可能性があるのもまた事実なのです。

これには個人差が多く、副作用の起こる人、まったく気にならない人などがいます。

もちろん全員の人に副作用が起こるということはありません。

その気になる副作用ですが、頭皮に塗るということから肌の荒れが最も多く、その次にかぶれとなっています。

この二つが塗るタイプの育毛剤の副作用のほとんどをしめているのです。

まれに炎症に似た症状を起こす人もいますが、塗るタイプの育毛剤を試す際に、肌に少しでも不安のある人、または肌が弱いと感じている人は医師と相談したほうがいいでしょう。

 

また飲むタイプの育毛剤にも副作用があります。

これは多くの人が指摘していて男性に限っていることなのですが、男性機能の減退が起こるということです。

これは実体験者もいますのでそのような人がいるということですがこれについても全ての人がそのような男性機能の減退が起こるわけではありません。

原因として男性ホルモンの働きを抑える作用があることが報告されています。

しかし、飲むタイプの育毛剤は塗るタイプの育毛剤よりもその効果は高く、髪の毛を取るか男性機能と取るかこれは男性にとっては究極の選択といえるかもしれませんね。