シャンプーの目的とその方法

シャンプーヘアケアの方法としてはリンスやコンディショナーを思い浮かべる人は多いと思います。

しかし、リンスやコンディショナーをしたからといっても髪の毛に対して何も効果は期待できません。

せいぜい髪の毛についた汚れを落とすといった程度でしょう。

それでももちろんしないよりはましですし、髪の毛に光沢を与えるという意味ではリンスやコンディショナーもそれなりの効果があると考えてもいいのです。

今でも髪の毛を洗うためにシャンプーをすると思っている人も多いかもしれません。

しかし、シャンプーは髪の毛のためにするものではないのです。

シャンプーの主な目的は頭皮の洗浄にあります。

頭皮の脂を取るためにシャンプーをするのですが、過度のシャンプーは頭皮を守っている皮質を取り除いてしまうので却って逆効果という声もあります。

しかし、油などで毛根が埋まってしまうのはヘアケアや育毛にとってよくないことなのです。

ですから、するかしないかで考えるとシャンプーはしたほうがもちろんいいというわけですね。

シャンプーをする際は頭皮の血行にも気を遣いましょう。

それは頭皮を闇雲に洗うのではなく、こめかみから頭のてっぺんに向かって優しく揉むように進めていくのがいいのです。

その際、間違ってもツメを立ててはいけません。

かゆいときはどうしてもツメで掻いてしまいがちですが、ツメを立ててしまうと頭皮をむやみに傷つけてしまいますし、あげくには毛根まで痛めてしまうのです。